> > 郷土料理「ねったぼ」

郷土料理「ねったぼ」

郷土料理「ねったぼ」
今回は鹿児島の郷土料理、「ねったぼ」を6名の参加者(韓国、カナダ、フィリピン、エジプト)が作りました。「ねったぼ」とは蒸したサツマイモと餅をつき混ぜ、そこにきな粉をまぶすだけという非常に手軽で美味しいものです。

講師に管理栄養士の飯田さんをお迎えし、メインのねったぼに加え有難いことに飯田さんからジャガイモ、キュウリなどの食材提供があったお陰でハラール対応の料理も教えていただきました。

野菜の皮を剥きながら、野菜を切りながら、餅をつき混ぜながら、食事をしながら、、お互いの国の話や教育、食文化など参加者同士で様々な話をして終始笑いの絶えない会となりました!
次回はそば打ち教室です。
沢山のご参加お待ちしています!




報告者: 山元 里紗

Today we cooked Japanese local cuisine “Nettabo” with 6 participants.(from Korea, Canada, Philippines, Egypt)
Today’s teacher was Ms. Iida who is nuturition manager and she brought vegetables for us, so we could cook other dishes for halal in add to Nettabo.

While peeling vegetables, while mixing rice cake, while eating, participants talking about each other's story, education, food culture etc. So we had a wonderful time.

We’re planning “Buckwheat noodle class” as next event. So we look forward to your active participation in this event!

Thank you.

Reported by Lisa Yamamoto