> 活動報告(blog)

活動報告(blog)

rss

件数:9

英語deコミュニケーション Vol.56

12月15日の第56回英語deコミュニケーションは、日本、アメリカ、インドネシア、ペルー、フィリピンの5カ国(日本8名、アメリカ2名+お子さん1名、ペルー1名、インドネシア2名、フィリピン1名)の15名の方たちが参加されました!
今回は日本人と留学生の当日参加者の方が多く、とても盛り上がるイベントとなりました。まず簡単に参加者の方に自己紹介をしていただいた後、人数が多かったためグループを今回は4グループに分け、そして各グループに留学生1、2人という形で1セット20分を3セット行いました。

イベントの最後はいつものようにみんなで大きな円を作っていただいた後、イベントの感想をシェアしていただきました。

日本人参加者の方たちのイベントの感想
・親切で優しい参加者の方々のおかげで楽しくコミュニケーションをすることができました。
・先月から参加し続けていて、今回はラーメンの話など多くのことについて英語で話すことができました。
・留学生の方が簡単な英語での質問をしてくれて、英語でそれについて話すことができました。
・次のイベントに参加するのを楽しみにしています。
・間違いをすることを心配することなしに、英語で自然にコミュニケーションをすることができました。
・イスラム教のラマダーン(日の出から日の入りまで飲食をしない)について知ることができて、違う国の文化を知ることができてよかったです。
・英語を話すときのプレッシャーを少しずつ感じなくなり、英語力が上がってきているのを実感したので、もっと英語力を上げたいです。
・英語を話す機会が鹿児島にはあまりないため、このような国際交流の機会にもっと参加していきたいです。

留学生の先生たちの感想
・クリスマスに関する考え方の違いを知って、またクリスマスに何をあげたい、もらいたいかという質問で、「愛」という解答が一番面白かったです。(笑)
・私も日本語を勉強しているので、英語を勉強している皆さんの気持ちがすごくよくわかります。
・人が嬉しさを感じたりまたは困ったりする質問が何かを参加者に聞いたりして、とても楽しいひと時でした。
・たくさんの人が参加して、とても楽しいイベントでした。
・みんな親切でイベントを楽しむことができました。ありがとうございました。

今回は留学生の方が日本人の友達をイベントに誘ってくださったり、当日参加者の方々もたくさん来てくださいました。人数が多ければ多いほどイベントの雰囲気も盛り上がりますし、いろんな人々と交流することができます。イベント運営側もこのようなイベントを通じて老若男女・国籍を越えた人々と出会い交流することができているので、来て下さる参加者の方々に感謝しています。

当日参加もでき、お菓子やジュースを食べながらのカジュアルなイベントなので、ぜひ多くの方々に参加していただき、英語で異文化交流を楽しんでいただきたいです!

今年の英語deコミュニケーションは今回が最後で、次回の第57回英語deコミュニケーションは1月19日(土)の19:30~21:00で、2019年最初のイベントになりますので、ぜひ多くの方々に参加していただきたいです。

https://www.facebook.com/events/209060436671824/

そして来年から井上菜生ちゃんが英語deコミュニケーションを引き継ぎ運営してくれることになりました。今回のイベントでも慌てていた自分を支えてくれて、スムーズにイベントを運営することができました。来年からの英語deコミュニケーションも菜生ちゃんらしい明るく楽しいイベントになっていくと思うので、来年もぜひ多くの方々にご参加いただき、英語でのコミュニケーションを楽しんでいただきたいです!

最後まで読んで下さりありがとうございました。来年からもよろしくお願いします!
報告者 井手昭博
「医療行為の正解」を押し付けるのではなく「患者さんと共に悩む」というプロセスを大切にされ、いのちに寄り添う医療を実践されている
小齊平 智久先生がこの講演会を応援してくださっています。



先生との共通キーワードは
「未来を担う若者のために」

私たちの団体に賛同いただけましたことに感謝いたします。その講演会とは・・・?

スーダンで医療活動をされている元外務省医務官:川原尚行医師を「世界で活躍する九州人」のお1人としてお招きします。先生のご活躍は「情熱大陸」や「プロフェッショナル仕事の流儀」でご覧になった方も多いと思います。

11月3日に来鹿されます
ぜひ講演会を聴講してみませんか?
-----------------------------------
チケット購入はこちら
https://hibiki.school.tm/form/6

学生200名無料招待はこちら
https://hibiki.school.tm/form/5

イベント全般について
https://hibiki.school.tm/page/rocinantes
-----------------------------------
小齊平先生のようにカウントダウン写真で応援してくださるというかたはこちら
https://www.facebook.com/events/1426953647405341/
35人位の参加者。主催者以外、日本人は1人だけの参加!Σ('◉⌓◉’)

韓国、エジプト、マレーシア、フィリピン、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリアなど沢山の国の方が参加して下さいました!今回の開催は、kaminokadoさんと、お嬢様の協力なしには実現しませんでした。本当に本当にありがとうございました。






Olaさん、Rodrigoさん、Caro Marさん、飲み物の差し入れをありがとうございました。

響は、助成金などの支援を得ていません。100%自己資金で運営しています。ぜひ、寄付や会員登録などでご支援頂けると嬉しいです。

次は8月11日マレーシア料理でお会いしましょう!日本人の皆さん、ぜひ参加してみませんか?マレーシアのカレーが体験できますよー

留学生からは
桜餅を作ってみたい
抹茶を使ったお菓子をつくりたい
いなりずしをつくりたい
いちご大福つくりたい
酢の物を作りたい

など、要望がでています。教えてくれるかたいませんか?プロでなくていいのです。あなたの家庭の味をぜひ、留学生に教えてください。ご協力をお待ちしています。

男女共同参画セミナー(基礎編)として開講されるパワーチャージセミナー。

子育て中のかたを対象としたセミナーとなっています。

当団体の代表が7月14日(土)講師を務めます。

定員を超える応募をいただいているようでとても嬉しいです。

当日は代表のお話だけでなく、留学生の方との交流時間も設けております。

対話を通し「多様性」を実感していただけるといいな〜と思っております。

川原尚行医師による教育講演会の情報が鹿児島大学のツイッターに掲載されました!

勿論、一般のかたもお申込み頂けます。
学生無料招待 https://hibiki.school.tm/phone/form/5
チケット申込み https://hibiki.school.tm/phone/form/6

報告者:牟田京子

郷土料理「ねったぼ」
今回は鹿児島の郷土料理、「ねったぼ」を6名の参加者(韓国、カナダ、フィリピン、エジプト)が作りました。「ねったぼ」とは蒸したサツマイモと餅をつき混ぜ、そこにきな粉をまぶすだけという非常に手軽で美味しいものです。

講師に管理栄養士の飯田さんをお迎えし、メインのねったぼに加え有難いことに飯田さんからジャガイモ、キュウリなどの食材提供があったお陰でハラール対応の料理も教えていただきました。

野菜の皮を剥きながら、野菜を切りながら、餅をつき混ぜながら、食事をしながら、、お互いの国の話や教育、食文化など参加者同士で様々な話をして終始笑いの絶えない会となりました!
次回はそば打ち教室です。
沢山のご参加お待ちしています!




報告者: 山元 里紗

Today we cooked Japanese local cuisine “Nettabo” with 6 participants.(from Korea, Canada, Philippines, Egypt)
Today’s teacher was Ms. Iida who is nuturition manager and she brought vegetables for us, so we could cook other dishes for halal in add to Nettabo.

While peeling vegetables, while mixing rice cake, while eating, participants talking about each other's story, education, food culture etc. So we had a wonderful time.

We’re planning “Buckwheat noodle class” as next event. So we look forward to your active participation in this event!

Thank you.

Reported by Lisa Yamamoto
こんなコラボもしています
日ごろ、志学館大学とのコラボをさせていただいている響ですが、2016年7月9日には鹿児島女子短期大学・志学館大学とコラボし【美味しい鹿児島の『食』再発見プロジェクト】を実施しました(http://www.jkajyo.ac.jp/information/course/life_science/post_388.html

当日はテレビの取材も入り総勢49名(その半数以上が志學館大学・鹿児島女子短期大学・鹿児島大学・九州日本語学校の留学生)で鹿児島の食を楽しむことができました



メニューは鹿児島の旬の食材を使った
カツオ節とヨーグルトクリームのカナッペ
カツオ節とキャベツのお好み焼き風春巻き
オクラかるかん
でした〜



さて、3日後の1月8日は日本料理教室を開催しますよ〜。留学生の皆さん、ぜひ一緒に日本の家庭料理をつくってみませんか?
メニューは味噌汁・卵焼き・冷奴の3品です

https://www.facebook.com/events/187710758453010/
昨日行った定期ミーティングのご報告です♪

今回のメインの話題は何といっても…これ!!
ポストカードが完成しました〜\(^^)/
ミンダナオこども図書館の子供達の笑顔がたくさん輝いているポストカードが4種類完成です♪
これからメンバーで袋つめなどの作業を行い、それが終わり次第順次販売を開始したいと思っております!



2枚セット税込150円で販売予定です。
(柄は2枚セットで固定させていただきます。)

興味のある方、購入希望の方、店頭販売にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。
年明け1月からの販売を予定しております。

また今回は1年の締めくくりとして、今年の活動の振り返りも行いました。
そこでメンバーの口から出て来たのは、このプロジェクトは自分達だけで行っているものではない。購入してくださった方、店頭販売に協力してくださっている店舗様やご紹介しでくださる方等、多くの方々と一緒に作り上げているプロジェクトだと言うことでした。
その気持ちをしっかりと伝えられているのか、良い関係はきちんと築けているのか。反省する部分も多くありました。
この反省をしっかりと生かし、この先の活動に反映して行こうと思います。

まだまだ手探りな部分も多くありますが、メンバー全員、一丸となって頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

また、私たちのプロジェクトは新しいメンバーの募集も行なっております!
鹿児島からできる国際貢献を、一緒にしてみませんか?
少しだけお話聞いてみたい!と言う方でも大歓迎です!
ご連絡お待ちしております♪

報告者 はな
支援者・支援団体
法人会員:株式会社BMEX:ビットマスターファイナンシャルインク(カナダ本社:バンクーバー)



<当社が法人会員になった理由>
これからの訪れるグローバル社会を見据え、若者や留学生が主体的にかかわれる場を提供している響の活動に、さらなる発展を感じたので企業会員として応援していこうと決めました。

まず代表である牟田氏の、積極的な異文化交流の姿勢に、胸を打たれました。

ビジネスレベルではない、一人一人の真摯な意見からから、多様化するニーズに対して柔軟な対応ができるのではないかと考えました。

海外も含めた拠点としたビジネスの展開を視野に、そのバックグラウンドとして弊社で培われたネイティブな視点を取り入れられたらと思っております