その他

rss

件数:31

【zoomにほんご教室】vol.53

7月30日(金)21:00-22:00 [3回目]
参加者 ベトナム人7名(欠席0名😆)
通訳者 ベトナム人1名
ボランティア講師 日本人1名
《さいきんのできごと・きもち》
妊娠(にんしん)しているひとが2人いました。
おかあさんが、コロナのせいでにほんに来(く)ることができないそうです。
心細(こころぼそ)いけど、うまれてくるのがたのしみですね☺️💕
こどもが元気(げんき)に過(す)ごしていることが嬉(うれ)しいというひともいました。☺️
夏休(なつやす)みなので、毎日(まいにち)お弁当(べんとう)をつくっているひともいます。👏🙆
逆(ぎゃく)に、こどもが病気(びょうき)になってしまって大変(たいへん)だったというひともいました。💦
今(いま)はすこし良(よ)くなっているそうです。
おだいじに。🙏
暑(あつ)い中(なか)、仕事(しごと)をがんばっているひと、夜(よる)も朝(あさ)も仕事(しごと)をがんばっているひともいました。👏
7ヶ月前(まえ)に日本(にほん)に来(き)たひとは、友達(ともだち)ができて嬉(うれ)しかったそうです。
よかったです😆🥰
みなさん、がんばっていて、ほんとうに素晴(すば)らしいです😭✨✨
わたしも大学(だいがく)の勉強(べんきょう)が大変(たいへん)ですが、みなさんの話(はなし)をきいていたら、わたしも頑張(がんば)ろうとおもいました!!!💪🔥
《ベトナム料理(りょうり)のつくりかた》
みなさんに、ベトナム料理(りょうり)のつくりかたをおしえてもらいました!
ありがとうございました!
楽しかったですね☺️
《らいしゅう》
らいしゅうは、「ベトナムりょうりのつくりかた」のつづきを教(おし)えてもらいます。
とても楽しみです🥰
また、「わざわざ」という言葉(ことば)の意味(いみ)について、質問(しつもん)がでました。
来週(らいしゅう)、説明(せつめい)をして、使(つか)う練習(れんしゅう)もしましょう!
報告者 齊藤優花
日本人のみなさまにお願いです。
響では、このzoomにほんご教室に参加してくださるボランティアを引き続き募集しています。
条件は、以下の通り
・毎週講師を担当できる方
*無理な場合はこの限りではありません。
・zoomを利用出来る方
・毎回、教室終了後に響FBで報告を書いてくださる方
このボランティア講師は、完全無償のボランティアです。
日本語教師の資格がなくてもOK
日本語能力検定試験に対応したものではなく、日常生活において困らないように、在日ベトナム人が日本語で日本人と会話する実践の場となっています。
興味のある方は、ぜひコメント等でお声かけください。
連絡お待ちしています。
【zoomにほんご教室】Vol.42
7月22日(木)21:00-22:00
参加者 5名
欠席者 2名
通訳  1名
講師  1名
 今日(きょう)は、保育所(ほいくしょ)の質問(しつもん)があったので、住(す)んでいる町(まち)のホームページの見方(みかた)を勉強(べんきょう)しました。
ZOOMの画面(がめん)をシェアして探し方(さがしかた)を教(おし)えました。
例(れい)として埼玉県三郷市(さいたまけんみさとし)、名古屋市港区(なごやしみなとく)で調(しら)べてみました。市役所・区役所(しやくしょ・くやくしょ)のホームページはお得(とく)な情報(じょうほう)がのっているので、見方が分かると便利(べんり)です。
 あと、ネットチラシの見方も教えました。最近(さいきん)は新聞(しんぶん)を取(と)らない家庭(かてい)も多(おお)いです。
学習者(がくしゅうしゃ)のみなさんも新聞を取っていないようです。
なので新聞にはさんであるお店(みせ)のチラシを見ることができません。
「チラシ 町の名前(なまえ)」で検索(けんさく)すると、その町のお店のチラシがPDFで見ることができます。買い物(かいもの)にとても便利だと思います。
 いくつかの市町村(しちょうそん)のホームページを見ました。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国語(かんごくご)に対応(たいおう)しているところがほとんどで、ベトナム語は名古屋市だけでした。あと部署名・地名等(ぶしょめい・ちめいとう)のふりがなもなく外国人(がいこくじん)には活用(かつよう)しにくいと思いました。
外国人も住民(じゅうみん)です。まずは自分(じぶん)の市町村に働(はたら)きかけていきたいです。
報告者 中村 真由美(なかむら まゆみ)
日本人のみなさまにお願いです。
響では、このzoomにほんご教室に参加してくださるボランティアを引き続き募集しています。
条件は、以下の通り
・毎週講師を担当できる方
*無理な場合はこの限りではありません。
・zoomを利用出来る方
・毎回、教室終了後に響FBで報告を書いてくださる方
このボランティア講師は、完全無償のボランティアです。
日本語教師の資格がなくてもOK
日本語能力検定試験に対応したものではなく、日常生活において困らないように、在日ベトナム人が日本語で日本人と会話する実践の場となっています。
興味のある方は、ぜひコメント等でお声かけください。
連絡お待ちしています。
【zoomにほんご教室】vol.19
N4-5クラス 20:30〜21:30
ベトナム人 参加者(さんかしゃ)7名
ベトナム人 通訳者(つうやくしゃ)1名
日本人ボランティア講師(こうし) 1名
今日(きょう)のテーマは『病院(びょういん)に行(い)く』でした。
日常会話(にちじょうかいわ)を練習(れんしゅう)したいということで、これまでに病院(びょういん)で困(こま)ったこと、聞(き)いておきたいことなどを考(かんが)えておいてもらうことが宿題(しゅくだい)でした。
みなさん、言葉(ことば)がわからないことで、不安(ふあん)が大(おお)きいことがよくわかりました。ほとんど「相談窓口(そうだんまどぐち)」状態(じょうたい)になりましたが、日々(ひび)の生活(せいかつ)の助(たす)けになればと119のことを話(はなし)をしました。
119にかけると必(かなら)ず、「火事(かじ)ですか、救急(きゅうきゅう)ですか」ときかれます。これは、パニックなときに聞(き)くと、さらに混乱(こんらん)すると思い、説明(せつめい)させてもらいました。
使(つか)うことがないと一番(いちばん)いいですけど、御守(おまもり)にでもなれば、と。あっという間(ま)に1時間(じかん)で、宿題(しゅくだい)はまた後日(ごじつ)、ということで終(お)わりました。
日本人のみなさまにお願いです。
響では、このzoomにほんご教室に参加してくださるボランティアを引き続き募集しています。
条件は、以下の通り
・毎週講師を担当できる方
*無理な場合はこの限りではありません。
・zoomを利用出来る方
・毎回、教室終了後に響FBで報告を書いてくださる方
このボランティア講師は、完全無償のボランティアです。
日本語教師の資格がなくてもOK
日本語能力検定試験に対応したものではなく、日常生活において困らないように、在日ベトナム人が日本語で日本人と会話する実践の場となっています。
興味のある方は、ぜひコメント等でお声かけください。
報告者 Chiyo Nagao
【響活動報告会 2021年5月】
【響活動報告会 2021年5月】
本日、13時からオンラインで活動報告会を実施しました。
各プロジェクトの担当が活動内容等を発表し、合計23名が参加。
主な活動報告としては
・スマイルリレーランドセルプロジェクト
(日本在住の外国人児童に、状態のよい使用済みランドセルの送付)
・チャリティカフェ
(コロナ感染防止対策のため、明日はお休みです)
・外国人児童学習支援
(現在オンライン、国際交流センターと2カ所で開催しています)
・zoom交流会
(マレーシアとブラジルの大学とオンラインで繋がって交流しています)
・英語教室
(月に1回 アメリカ人のTED先生による英会話教室を実施しています)
・zoom語学講座
(オンラインで、マレー語、ドイツ語、英語での会話が楽しめます)
などです。
画像は、鹿児島大学が海外からの留学生を受入れた際の報告の一部分です。
この報告会は、響の活動に興味のある方ならどなたでもご参加(聴講のみ)いただけます。
また、響では会員及び一緒に活動してくださるボランティアスタッフを随時募集しております。
この機会に是非、響に関心を持って頂き、報告会や各種プロジェクトにご参加頂ければ幸いです。
次回の活動報告会は7月を予定しております。
多数のご参加お待ちしております。
【いちごで留学生を歓迎Vol.2】

See below for guidance in English
3月に引き続き、加世田農園様が(大隅災害復旧ボランティアの小野田賢造さんがつないでくださいました)九州日本語学校に通う留学生の皆さんにいちごを提供してくださいました。加世田農園様、本当にありがとうございました。
コロナ禍「地域の人と交流ができない・・・・」と残念がっている留学生の皆さんに少しでも地域とのつながりを感じていただく機会になっているのではないかと思います。
先生から「昼休憩に学生全員にいただいたイチゴを渡しました。コロナで楽しいことが少ない中、皆さんすごく嬉しそうにしていました。学生たちの笑顔をみて職員一同幸せな気持ちになりました。」と感謝のコメントを頂きました。
5か月前は新入外国人に新米を届けました。こちらは姶良市にあるお寺さんからの贈呈でした。
https://www.facebook.com/kyoko.muta/posts/3446314308813054
加世田農園様(小野田様)や姶良市のお寺さんのようにコロナ禍でアルバイトの時間も減り、地域との交流の機会も激減した留学生に対し「支援したい」と思って下さる方がいましたらぜひお声掛けいただければと思っております。直接持参され、贈呈していただくことも可能です。
Kaseda farm provided 20 packs of strawberries to international students attending Kyushu Japanese Language School.
I think this is an opportunity for international students who are disappointed that they cannot interact with the local people in the midst of the corona disaster, to feel the connection with the local community as much as possible.
The teacher handed the strawberries to the students during the lunch break. The student who received the strawberry received a thank-you email saying that he was happy.
Kyoko MUTA
#加世田農園
#hibiki
#留学生支援
#いちご提供
【チャリティコンサート】

本日、バイオリニストAssel Imayoさんのご協力に頂きチャリティコンサートを開催させていただきました。1部と2部合わせて48名のかたがご来場くださいました。「アベマリア」から始まり、聞いたことのある音色と趣き深いカザフスタンの音楽をお楽しみいただきました。まさしく日本語とカザフスタンの友好を願うような形で「琴」とバイオリンの2重奏もお聞きいただきました。
会場を貸してくださったルーテル教会の吉永様、司会やスケジュール調整に尽力いただいたボランティアスタッフのお二人、今用さん&ご子息、そして素晴らしい演奏をしてくださったAsselさんに心より感謝しております
初めて響の活動を知ったという方も多かったと思います。素敵なご縁を紡げたことに感謝しております。本当にありがとうございました
Charity concert
Today, we held a charity concert with the cooperation of violinist Assel Imayo.48 people enjoyed the performance.Starting with "Ave Maria", you enjoyed familiar songs and tasteful Kazakh music.We also heard the duo of "koto" and violin in the form of wishing for friendship between Japanese and Kazakhstan.
We would like to express our sincere gratitude to Mr. Yoshinaga for renting the venue, the two volunteer staff who helped host and adjust the schedule, Mr. Imayo and his son, and Mrs. Assel for the wonderful performance. I'm really thankful to you.
Kyoko MUTA
【カザフスタンからの手紙】

Letter from Kazakhstan
See below for guidance in English
この手紙は響とコラボレーションをしているカザフスタンの学校(ミラスインターナショナルスクール)の学長先生より届きました。3/20日はカザフスタンの文化で新年を意味する「Nauryz」ナウルーズという祝日。学長先生から今までお世話になった方々へお祝いの意味を込めた手紙を頂きました。これからもカザフスタンと鹿児島の教育交流が続くことを願っています。
Letter from Kazakhstan
This letter came from the president of a school in Kazakhstan, who is collaborating with Hibiki.3/20 is a holiday called "Nauryz" which means New Year in Kazakh culture.I received a letter from the president of a school to all the people who have taken care of me with the meaning of Thank you.I hope that the educational exchange between Kazakhstan and Kagoshima will continue in the future.
Kyoko MUTA
【いちごで留学生を歓迎】
See below for guidance in English
加世田農園から提供されたいちごを大隅災害復旧ボランティアの小野田賢造さんが響につながるのある外国人のかたに寄付したいとお申し出いただきました。そこで、九州日本語学校に通う留学生の皆さんに少しでも地域とのつながりを感じて欲しいと思い、先生のご許可を得て、3月11日に贈呈を行いました。贈呈については直接小野田様が訪問してくださり留学生とのしばしの交流時間を持たれたようです。
先生から「学生たちにとっていちごは高級品ですので、ありがたいです。学生たちはとても喜んでいました。ありがとうございました。」と感謝のコメントを頂きました。
3か月前は新入外国人に新米を届けました。こちらは姶良市にあるお寺さんからの贈呈でした。
https://www.facebook.com/kyoko.muta/posts/3446314308813054
小野田様や姶良市のお寺さんのようにコロナ禍でアルバイトの時間も減り、地域との交流の機会も激減した留学生に対し「支援したい」と思って下さる方がいましたらぜひお声掛けいただければと思っております。直接持参され、贈呈していただくことも可能です。
加世田農園さん
http://kasedanoen.com/
Welcome international students with strawberries
Mr. Kenzo Onoda offered to donate strawberries to foreigners who have a connection with Hibiki.We wanted the international students attending Kyusyu Japanese Language School (KLS) to feel a connection with the community as much as possible, so we gave the gift with the permission of the teacher.Mr. Onoda visited us directly for the presentation, and it seems that he had some time to interact with international students.
The teacher commented, "The students were very happy. Thank you."
Three months ago, We delivered new rice to new foreigners. This was a gift from a temple in Aira City.If you would like to support international students who have reduced their part-time work hours due to the effects of coronavirus infection and have dramatically reduced opportunities to interact with the local community, we would love to hear from you. It is also possible to bring it directly and present it.
Kyoko MUTA
#響
#贈呈
#九州日本語学校
【世界の絵本】

響に寄せられた世界の絵本ですが、より多くの方に手に取っていただけるように鹿児島市国際交流財団さんに委ね、交流ラウンジに展示していただけました。定期的に本の入れ替えをするようです。いろんな言語で書かれた絵本をぜひご覧になってください。提供くださった市民の方に心より感謝しています。展示を許可してくださった財団さんに感謝しています。

[Picture book of the world]
This is a picture book from around the world that was sent to Hibiki, but we entrusted it to the Kagoshima City International Friendship Foundation so that more people could pick it up and exhibited it in the Exchange Lounge. It seems that the books are replaced regularly. Please take a look at the picture books written in various languages. I am deeply grateful to the citizens who provided it. 

kyoko muta
【外国人の学習権保障】

過日、響代表の牟田が鹿児島大学法文学部地域社会コース2020年後期「社会教育II」受講者のみなさんに《外国人の学習権保障》をテーマに講義をさせていただきました。講義後、学生さんからインタビューされ、このような素敵な成果物にまとめて頂きました。《人の言いたいことをまとめる》というのは、話し手の意図を理解しないと方向性がずれてしまいます。
代表の取り留めもない話をこのような素晴らしい形に簡潔にわかりやすくまとめてくださった学生さんに対し《素晴らしいなぁ…》と、思いました。近い将来、社会教育行政に携わる学生さんのお役に少しでもたてたかなぁ?地域のNPOと行政が手を携え協力していける未来を担ってくださることを心から願っています。
他のインタビューも素敵なものが多かったです。とても関心がわきました✨ぜひ、読まれてください。鹿児島で日本語支援に携わる団体のfbページは以下をご参照ください。
投稿:牟田京子
★ささえあいネットATLASさん
https://www.facebook.com/Atlas1998/
★あいうえおおすみさん
https://www.facebook.com/aiueosumi