ホーム > 活動blog > 【ZOOM】マレー語入門講座

【ZOOM】マレー語入門講座

rss

件数:24

【マレー語入門講座 Vol.26】[2021/10/02]
みなさん、スラマプタン!
今日のトピックは【Kata Bantu;助動詞】!
マレー語にも、英語や日本語のように助動詞があります📚
助動詞とは、文に、時間の状況や話し手の判断・状態などを付け加えることができることばです。
とくに、マレー語は英語と違い、Kata Bantu;助動詞 という単語を付け加えるだけでOKです。
ですので、英語の過去分詞やら不定詞やらと言った、動詞に特定の語をくっつけて、変形させるようなことは、ありません!
また、助動詞は、英語と同じように動詞の前におくだけです!
マレー語のKata Bantu;助動詞は以下の通り👇👇👇
☆時間を表す助動詞:Kata Bantu Aspec
・過去 sudah/telah/pernah 〜した
※pernahは英語のHave been ○○ と同じように、過去のある時点から現在まで「ずっとしている」という継続をあらわすときに使うようです。
・現在進行 sedang/masih/tengan 〜している
・未来 akan/belum 〜するだろう
☆話し手の判断・状態などを表す助動詞:Kata Bantu Ragam
・〜したい(英語のWant to) hendak/mahu/ingin
・〜しなければならない(英語のmust) harus/mesti
・〜すべき(英語のshould) perlu/wajib
・〜できる(英語のcan) boleh/dapat
・〜かもしれない(英語のmay) mungkin
です!
しかし!書き言葉と話し言葉は色々と違うようで・・・
話し言葉は、いろいろと省略があります・・・🥺
たとえば、過去の「Sudah」は「dah」と略したり、〜したいという意味のマレー語は、すべて「nak」で表現したり・・・。
なんとなく、文章は読める(?)ようになった気がしてきた・・・と思っていたら、再度頭がごちゃごちゃしてきました🤣
まだまだ、マレー語の道はつづく・・・🏃
次回は、来週、2021/10/09(土)を予定しています。

報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.25】
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【接続詞;Kata hubung】
接続詞とは、「前の文や句」に対して、「後の文や句」がどのような関係なのかを示す言葉です。
まずは、マレー語の接続詞;Kata hubungをサラッと紹介🐵
・dan;AとB、AかつB、英語のand
・atau;AまたはB、英語のor
・Kemudian;それから、英語のthen
・apabila;〜とき、英語のwhen
・agar/supaya;〜のように、〜のために、英語のso that
・jika;もし〜ならば、英語のif
※・yang;〜の、英語のthat
・tetapi;しかし、英語のbut
・sambil;しかしながら、英語のwhile
・kecuali;〜以外、英語のexcept
・kerana;なぜなら、英語のbecause
・manakala/sementara;〜の間、一方で、英語のmeanwhile
・hingga;〜まで、英語のuntil
ふぅ〜、マレー語の接続詞、16個を紹介しました🙋
用法も英語と同じなので、だいたいわかりますね!
ただ、※のyangは、すこし複雑です。
(英語のthatも、接続詞・同格・関係代名詞としての意味などなど・・・複雑ですよね!)
カンタンにいうと(?)、
yang(から始まる文や句)は、「前の文や句」に対して、二つの意味を与える役割があります。
それは、
(1)名詞の文章(節)を作ってくれる
(2)形容詞の文章を作ってくれる
です。
(1)は、「yang S V~」 で「〜すること/もの/人」と言う意味になります。
Saya fikir [yang dia kaya].
(I think [that he is rich].)
私は [彼がお金持ちの人] だと思う。
のような感じです。
(2)は 、「名詞(1) yang S(名詞(1)) V O(名詞(1))」(SまたはOは省略した不完全な文)で、「〜な名詞(1)」と言う意味になります。
Saya membeli lukisan [yang besar] kemarin.
※マレー語にbe動詞(is,am,are)はありません。
(I bought picture [that is big] yesterday.)
私は、昨日、[大きな絵画]を買いました。
のような感じです。
(たぶん、英語の関係代名詞と同じ??)
そのほかにも、yangには形容詞(あの、それ、この、これらの・・・など)の役割もあるようです。
thatと同じで、yangは「あの」と訳すようです。
「Yang」 tinggi itu abang saya.
(「That」 tall man is my brother.)
※マレー語は、後ろから前に修飾します。
「あの」背の高い人は 私の兄です。
yangの用法はたくさんありますね!
ですが、英語のThatとほぼ同じ?のようなので、英語の復習にもなりました😲
さて、次回は、来週2021/10/02を予定しています。
また来週〜〜〜👋

報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.24】
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【動詞;Kata kerja】
最初に、宿題だった、「どうしてマレー語を勉強しているのか?学んだことはなにか?」についてのマレー語作文を、共有しました。
ちなみに、ぼくの作文はコチラ👇👇👇
________
Bahasa Melayu adalah bahasa yang saya tidak tahu.
Saya dengar Bahasa Melayu adalah yang paling mudah.
Walau bagaimana, saya tahu yang Saya belajar Bahasa Melayu adalah Sedikit sukar.
Dan Saya boleh tahu Budaya Malaysia.
Saya maklum Bahasa Melayu dan Bahasa Indonesia menyerupai..
Jadi Saya boleh berchakap Orang Malaysia dan Orang Indonesia(笑)
Terima kasih.
__
マレー語は、私の知らない言語だったからです。
私はマレー語は一番簡単だと聞きました。
しかし、私は、マレー語を勉強してみると、マレー語は少し難しいと気づきました。
また、マレーシア文化も知ることができました。
私はマレー語とインドネシア語が似ていると気づきました。
だから、私はマレーシア人とインドネシア人と話すことができます(笑)
ありがとうございます。
直訳するとこんな感じです!
Googleで単語を検索しながらですが、このようなマレー語の作文ができるようになったことにすこし感動です🥺
さて、本題の動詞;Kata Kerjaですが、
マレー語にも英語のように、自動詞(うしろに目的語[名詞]がこないもの)・他動詞(うしろに目的語[名詞]がくるもの、〜をするといえるもの)というものがあります。
たとえば、
renang:泳ぐ(「〜を泳ぐ」とは言わない)
tangis;泣く(「~を泣く」とは言わない)
などは、うしろに名詞がくることはないので、自動詞ですね。
そして、
buang;捨てる(「~を捨てる」という)
sedut;吸う(「〜を吸う」という)
などは、うしろに名詞がくるので、他動詞です。
そして、文の構造も
主語 述語(動詞 ・・・・・・とつづくので、
英語と変わりません!
しか〜〜〜し!
マレー語は、英語のようにbe動詞(「is」や「are」など、日本語の「は」や「が」)がありません😲
なので、
Dia pandai berunang.
彼 は上手だ 泳ぐことが 
(Dia;彼、pandai;上手、berunang;泳ぐ)
「・・・あれ?動詞がいちばんうしろじゃね???」
と思ったあなた!(というか僕!)
この文章では、主語=Dia、述語(動詞)=pandai(英語でいう「is」の意味がくっついている)、修飾語=berunang ということになっているのです!!!!
英語的に表現すると
Dia 「(is) pandai」 berunang.
【英語だと、He 「is good at」 swimming.】
berunangは、英語でいう動名詞の役割になっているわけです。(たぶん)
(上手く伝えたいのに、伝えられないこの歯がゆさ・・・)
要するに、isやareがないから【英語よりもカンタン】ということです!!!!!
(英語を勉強しているからこそ、僕は、逆に困惑してしまいました😅)
いや〜言葉って面白いですね〜〜〜〜〜😆
さて、次回は、来週2021/09/25(土)20:00を予定しています。
また来週〜〜〜👋

報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.23】[2021/09/11(土)20:00~]

みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【疑問文;Ayat tanya】!
マレー語の疑問詞;Kata Tanyaはコチラ👇
Apa:英語のWhat、何
Siapa:英語のWho、誰
Berapa:英語のHow many,How much、いくつ、いくら
Bila:英語のWhen、いつ
Mana:Where、どこ
Bagimana:英語のHow、どのように
Kenapa,Mengapa:英語のWhy、なぜ
です。
疑問文の作り方は、カンタンで、疑問詞で疑問文をつくりときは、文章の文頭か文末に疑問詞をつけるだけ!
文頭に疑問詞をつけるときは、「ーkah」をつけます。
また、疑問詞を使わない疑問文(はいかいいえでこたえられる文)は、普通のマレー語の文章に
「話すときは、文末の発音をあげて読む」
「文章の時は、文末に?をつける」
「文末に-kahをつける」
だけ!
あれ、、、?
なんだか簡単そう・・・・・・????🤔🤔🤔
さて、来週の宿題;kerja rumahは、
Tuliskan lima ayat mengapa kamu belajar Bahasa Melayu dan apa yang sudah kamu pelajari setakat ini.
______
なぜあなたはマレー語を勉強しているのか、と、これまでに学んだことを5文書いてください。
(で、あっていますか?ユスラ先生🤣)
です!
来週は、2021/09/18(土)20:00~です!

報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.22】
【マレー語入門講座 Vol.22】[2021/09/04(土)20:00~]
みなさん、ラマタジュンパ!(おひさしぶり!)
約1か月の夏休みが終わり、ひさしぶりのマレー語クラスです👍
実は、この夏休み中に、インドネシアの方と少し交流する機会があり、マレー語が通じたことに感動してました🤣
ユスラ先生に聞いてみると、インドネシア語とマレー語ってよく似ているそうです!
マレー語を話せるようになると、2億人くらいの人と友達になれちゃうんです👐
・・・といいつつ、1か月ぶりのマレー語入門講座だったので、マレー語もかなり忘れてしまっていました😅
これから、またユスラ先生のスパルタマレー語クラスで、鍛えてもらわなければっ!!!!
さて、今日のトピックは【買い物でつかうマレー語】👜
ビッグカメラでの会話を練習しました。
その会話の一部を紹介します!
店 Selamat datang!
  いらっしゃいませ!
客 Selamat pagi.
  こんにちは!
店 Boleh saya bantu encik / cik?
  なにかごようですか?
客 Saya mencari kamera. Di tingkat berapa ya? 
  私はカメラを探しています。(カメラは)どの階ですか?
店 Ada di bahagian elektronik di tingkat tiga cik. Boleh naik  
  eskalator di tengah atau lif di sebelah kanan.
  3階の電機コーナーにあります。右側のエレベーターか中央
  のエスカレーターでいけます。
客 Baik. Terima kasih!
  はい。ありがとう!
「Saya mencari ○○」[サヤ ムンチャリ ○○]
で「私は○○を探している」
「Di tingkat berapa ya?」[ディ ティングカッ ヤ]
で「どの階ですか?」
「Berapa harga ○○?」[ブラパ ハルガ ○○?]
で「○○はいくらですか?」
です!
ちなみに、マレーシアのお金の単位はRM(Ringgit Malaysia)で
1RM=26円 、 1円=0.04MRだそう。
日本とマレーシアの往復便は
RM2500 (66,143 Yen)
なので、比較的遊びに行ける金額ですね!
次回は来週【2021/09/11(土)20:00~】を予定しています。
トピックは今回の続き!です。
お申込みは以下から、
https://www.kokuchpro.com/event/f0509b5a4bfa78f632ff6268864d9713/
報告者:安部
【マレー語入門講座vol.21】
[2021/07/31]
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは、【Penjodoh bilangan:序数詞】
(投稿が遅れてすみません🙇‍♂️)
まずは、LATIHAN (エクササイズ)として、
質問に合う会話を選ぶという問題を解きました✨
ユスラ先生のお助けもありながら、ですが、結構解けていることに衝撃💥
あれ、、、マレー語できてるかも???(過信)
その後、本題の【Penjodoh bilangan:序数詞】に【Penjodoh bilangan:序数詞】とは、数を数える単位のことです😃
ページ数なら、枚。動物なら、匹や頭。箸なら、膳(揃い、具、組ともいうらしい😲)というようなものですね。
そのマレー語版を一挙に紹介!
・buah
bangunan, kereta, buku, rumah, beg
ビル、自動車、本、家、バッグ、の数える単位
・biji
bola, epal, oren, buah-buahan (fruits)
ボールやリンゴ、オレンジ、果物の数える単位
・helai
kertas (paper), tisu, kain
紙、ティッシュ、布の数える単位
・batang
pensil, pen, pokok (plants/ tree)
ペンや木の数える単位
・orang
manusia (human)
人の数える単位
・pasang (pair)
kasut, mata, tangan, kaki, kain (A set of cloth: kimono),
靴、目、手、足、セットの服など、ペアのものを数える単位
・ekor
binatang (animals)
動物の数える単位
・bilah
untuk sesuatu yang nipis dan tajam (for things which are thin and sharp): pisau (knife), gunting (scissors), rotan (指示棒)
細長いもの、鋭いものを数える単位
・keping
kertas, surat (letter), biskut, gambar,
紙(束?)、手紙、ビスケット、写真を数える単位
kuntum
bunga (flower),
花びらを数える単位
...はい!
なんとなく、わかりますね😅
ですが、buahはなんでしょう、、、buahで数えるもののグループがなんとなく、まとまりが無いような気がします😂
日本人的には違和感なのですが、マレーシア人的には、当たり前なのでしょうか?🤔
さて、次回のトピックは、今回の単位を使って、マレー語で【ショッピング】です!
次回は、今週2021/08/07(土)20:00~です!
お申し込みは以下から
https://www.kokuchpro.com/event/a30b99f2378e6ca06d2674be3d73f784/
報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.20】

[2021/07/10(土)20:00]
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【Sebutan;発音】!
前回のようにマレー語版ドラえもんを見ました👀
そのあと、ユスラ先生が準備してくれた、
ドラえもんのマレー語字幕を、参加者で読み上げました👄
今回はスラング・口語がたくさん出ているので、これまでの文法とはまた違ったマレー語を学ぶことができましたね〜
ちなみに、マレー語では、「スネ夫」を「Sinyu」と呼びます。
ドラえもんは「Doraemon」,のび太は「Nobita」,ジャイアンは「Giant」,しずかちゃんは「Shizuka」なのに、なぜでしょうね🤣
では、マレー語のお勉強がてら、今回見たドラえもんの
マレー語を一部日本語に訳します!
(ドラミが登場するシーン)
Dorami: Apa khabar?
ドラミ:皆さんお元気?
Doraemon: Inilah adik perempuan saya, Dorami!
ドラえもん:この子は僕の妹のドラミだ!
Nobita: Dia cantik, baik dan bijak!
のび太:彼女はキレイで、やさしくて、頭がいいんだ!
Doraemon: Hmm! Adik saya ni bijak dan pandai sama macam saya, kan?!
ドラえもん:えー!知的で賢い(僕の)妹は僕にそっくりだよね、でしょ?!
Nobita: Iye ke? Tapi saya rasa dia jauh berbeza dari awak.
のび太:本当?だけど、僕は君と(ドラミ)はかけ離れているように感じるよ。
Doaemon: A..ek…a..ek…ek..
ドラえもん:あ、、、、え、、、😱
______________________
次回は、再来週、2021/07/24(土)20:00~です!
お申込みは以下から、👇👇👇
https://www.kokuchpro.com/.../200f1c94c2836d7e014108d238.../
__________________________
報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.19】
[2021/07/03(土)20:00~]
みなさん、スラマプタン!
今日のトピックは【前回のつづき!】
前回の【KATA GANDA(畳語)】の残りを解説してもらいました🙋
これは、単語・熟語なので覚えるしかないですね!
さて!今回は、宿題がありました📖
それは、「マレー語で、5文以上の文章を作る」です。
では、その宿題のお披露目です👀
______________
[まいこさん]
Nama saya maiko.
Saya sebenarnya katak.
Berwarna hijau.
Comel?
Saya belajar Bahasa melayu.
Guru melayu saya baik.
Saya selalu mengeluarkan bahasamelayu dari kepala saya.
私の名前はまいこです。
私は,実はカエルです。
かわいいでしょ?
私はマレー語を勉強しています。
マレー語の先生(ユスラ先生)はやさしいです。
私の頭からマレー語が離れません🤣
__________________
[僕]
Saya mempunyai anjing.
Nama anjing itu Moka.
Moka adalah Dachshund coklat.
Kaki dia pendek.
Kaki pendeknya itu sangat comel!
私は犬を飼っています。
その犬の名前はモカです。
モカは茶色のダックスフンドです。
彼の足は短いです。
その短い足はとてもかわいいです😻
________________
👏👏👏
その後、マレー語でアニメを見ました。
リスニングとなると、
マレー語が右耳から入ってきて左耳に抜けていってしまいますね笑
と、いうことで、来週は【発音】に挑みます!
____________
____________
報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.17】
[2021/06/12]
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【動詞の変化形最終章】!
一週間経つのはあっという間ですね〜
もうマレー語講座のお時間です。
今日は、簡単な問題(ユスラ先生曰く)に挑戦!
まずは、ajar(教える)の接辞について!
ajarは少し特殊ですが、基本は、これまで通りです。
Ajar(語幹) 教える
Meng-ajar(現在形・三人称単数など) 教えている
di-ajar(受身形) 教えられる
ter-ajar(完了形) 教えた
pel-ajar(名詞化・-人) 学生・生徒
mem-pel-ajar(belajarの現在形) 学ぶこと
(bel-ajar 学ぶ にmem-を加えたもの?)
pel-ajar-an(belajarの動名詞-ing) 科目、レッスン
ユスラ先生曰く、覚えるしかない🤣
どんなものでも、理屈通りにいかないことってありますね…😢
また、マレー語での複数形はご存じですか?
なんとカンタン!
複数形にしたければ、繰り返せばいいんです!
たとえば、先生(guru)の複数形を言いたいのであれば
Guru-guru(先生たち)でOK!
ちなみに、発音はそのままグルグルです。
なんだか目がまわってしまいそうですね🤣
次に、マレー語の俳句も少し触れてみました。
Pantun(俳句)と言われるものです。
Buah cempedak di luar pagar,
Ambil galah tolong jolokkan;
Saya budak baru belajar,
Kalau salah tolong tunjukkan.
柵の外にコパラミフルーツ
棒をとって突き刺して
私は勉強したばかりの子ども
もし間違っていたら証明してください。
う〜ん、意味を聞いてもちょっとよくわかんないですね🤯
ただ、1文目と2文目はar,3文目と4文目はanで終わっています。
韻を踏んでいるわけですね。
これは、日本の俳句や中国の漢詩でも見られるものですね〜
アジア圏はこういう文化があるのでしょうか?
興味深いですね〜👍
さて、次回はマレー語で【時計の読み方】!
次回は、【2021/06/19(土)20:00~】です。
お申込みは以下から
https://www.kokuchpro.com/event/06e10614dcfe2a951a0688e1e2ca16c9/
報告者:安部
【マレー語入門講座 Vol.18】
みなさん、スラマプタン!
今回のトピックは【畳語(じょうご);KATA GANDA】!
畳語????と思った、そこのあなた!
実は、ふだんから畳語をかな〜り使ってますよ!
畳語とは、
単語(またはその中の一部の語)を反復して作られた単語
です。
たとえば、日本語では、
・強調
「とてもとても」、「たいへんたいへん」、「おおきなおおきな」
・名詞の複数を表す表現、複数形
「人々」や「山々」、「日々」など…
・副詞的表現(名詞以外を修飾することば)
「時々」、「寒々」、「益々」、「返す返す」、「食べ食べ」など…
(「時々」は名詞「時」の反復)
(「返す返す)は動詞「返す」の反復ですが、ほぼ慣用句的に使われていますね)
(「寒々」は形容詞「寒い」の反復)
(「食べ食べ」は動詞「食べる」の反復で、食べながらという意味)
というような感じです。
ほら!日本語でもたくさん使ってますよね!
今回、勉強したKATA GANDAは、
👆の日本語表現のマレー語版ですね!(多分🤣)
ikan 魚 ikan-ikan (たくさんの)魚の複数形
hari 日 hari-hari (たくさんの)日にち、日々
apa 何 apa-apa (たくさんの)ものごと、何々
makan 食べる makan-makan (たくさん)食べる(イベント、状況)
kecil 小さい kecil-kecil (とても)小さい、小さい小さい
diam 静かに diam-diam (たくさん静かにする)=静かにし続ける
cantik 綺麗な cantik-cantik (美しく美しく)=綺麗にアレンジする
と、いう感じでしょうか?
日本語にもある表現ですが、
やはり、母語ではないコトバだとなかなか難しいですね笑
さて、次回のトピックは【畳語 KATA GANDA パート2】
次回は再来週、2021/07/03,20:00~からです!
_____________________
お申込みは以下から
https://www.kokuchpro.com/event/51cb64bd9bd04435850ce1e713dabf0e/
_____________________
報告者:安部