ホーム > 活動報告(blog) > 【多国籍チャリティカフェ】

【多国籍チャリティカフェ】


Charity Cafe HIBIKI
See below for guidance in English
日本人&外国人スタッフがお待ちしております。当カフェではドリンク類、チャリティグッズを提供しています。売り上げのすべては活動資金に充当しており、スタッフに報酬は一切発生していません。100%非営利活動です。運営状況については「内閣府NPOポータルサイト」において<閲覧書類等→最新の事業報告書>からご確認いただけます。
この機会に賛助会員になってくださるかたは是非お知らせください。
コロナ感染症予防対策として
・密を防ぐ=入場制限
・熱があるかたの入場制限
・換気の徹底
を心がけております。
3月14日は
日本人スタッフ(英語対応可能)
外国人スタッフ(ベトナム・ブラジル)
上記スタッフがおります
※スタッフが体調不良の場合、当日のボランティアを辞退していただくようお声掛けしております
外国人の方で
・日本語で書かれたお知らせを読んで欲しい
・日本語を使ってみたい
・日本人の友達が欲しい
・寂しいから誰かと話したい
・生活相談したい(英語・ベトナム語可)
など要望がありましたら、ぜひコメントをください。
ボランティアしてくださるかた、カフェへ現物寄付してくださる方もおまちしています。いつでもだれもが国籍問わず気軽に相談できる場所として、地域のコミュニティスペースとして機能することを願っています。現在は、ルーテル教会さんが場所を貸してくださっていますが、この他、荒田近辺で場所を無償貸与してくださるかたがいましたら是非お知らせください
NPO法人若者・留学生サポートステーション響は「かごしまSDGs推進パートナー」に認定されている団体です。
A charity cafe will be held twice a month.
Japanese & foreign staff are waiting for you. The cafe offers drinks and charity goods. All of the sales are used to fund the activities and no compensation is paid to the staff. It is a 100% non-profit activity.
March 14th
Japanese staff (English available)
Foreign staff (Vietnam / Brazil)
We have the above staff
For foreigners
・ I want you to read the notice written in Japanese
・ I want to use Japanese
・ I want Japanese friends
・ I'm lonely so I want to talk to someone
・ Life support (English / Vietnamese available)
If you have any requests, please leave a comment.
Please let us know if you are a foreigner who wants to volunteer at this place.
We hope that it will function as a local community space as a place where anyone can feel free to consult regardless of nationality at any time. Currently, the Lutheran Church rents the place, but if you would like to rent the place free of charge near Arata, please let us know.Currently, the Lutheran Church is renting the space free of charge. Please let me know if there is a person who can lend you free of charge in the suburbs of Arata.
NPO Youth and International Student Support Station Hibiki is an organization certified as a "Kagoshima SDGs Promotion Partner"
Kyoko MUTA