ホーム > 活動報告(blog) > 【ZOOM】 ラーマン先生の英語deコミュニケーション Vol.2

【ZOOM】 ラーマン先生の英語deコミュニケーション Vol.2

【ZOOM】 ラーマン先生の英語deコミュニケーション Vol.2

11月27日(金曜日) 2000-2040
今回は、参加者1名で英語deコミュニケーションを行いました。
まずは自己紹介。
参加者さんの自己紹介もスムーズになってこられました。
ラーマン先生からは、在日歴6年、水産学部で学んでおられること、現在えびの市に住んでおられること、ALTとしても英語を教えておられること、お子さまが2人おられることなど自己紹介されました。
まず話ししてみることだよ、というアドバイスがあり、
「何曜日が好き?」という質問からレッスンは始まりました。
「何曜日が好き?」金曜日
「どうして?」大好きな講座があるから
「何の講座?」「どのくらい通っているの?」「時間は何時から何時まで?」
難しい単語や文法はいりません。参加者さんは誘導されるように答えていかれました。休日に何をしているの? 図書館に行くの? どうして? 読み聞かせしてるの! すごいね、どこの小学校に行ったの? 何年生が対象? 何時に始まるの、どのくらいかかるの、何を読んだの? 先生の質問に答えながら、会話が流れていきました。
同じように季節の話では日本の四季からバングラデシュの話題へ。参加者さんからの積極的な質問も飛び出し、違いに驚いたり、目をまるくしたり。
その後、先生が準備されていた短いビデオを観ました。登場する女の子が月曜日放課後の過ごし方を話していました。3分程ですが、参加者さんがよく聞き取れず、先生がゆっくり繰り返してくださいました。
英語はね、世界中で話されているけれど、地域によってアクセントやイントネーションはが違うからね、鹿児島弁、大阪弁みたいな感じ。
バングラデシュでは公用語はバングラデシュ語で第二公用語は英語。
だから、学校で英語を学ぶというお話から、話題は家族へ。
参加者さんがお一人ということもあり、自然に会話が進んでいきました。
今回の参加者さんとは他のクラスや自分の担当するクラスで何回かご一緒させていただいていますが、私が驚いたのはこの短い期間でぐんと前進されていることでした。洋楽を聴くのが好きと言われていましたが、そのせいなのか聞き取りがぐんとupしているように見受けられました。先生からも素晴らしかったという感想を頂きました。
次回の英語deコミュニケーションは
日付: 12/4(金曜日)
時間: 2000-2040
場所: Zoom
下記のURLから詳細をご覧いただけます。
https://www.kokuchpro.com/.../f631d7e2ba4136736c92b71eac.../
ご応募お待ちしております。
(先着4名です)
2020.11.30(日曜日)
報告者: 種子田