ホーム > 活動報告(blog) > 外国人学習支援

外国人学習支援

rss

件数:27

外国人児童生徒への学習支援 【第7回】
こんにちは!
今日の活動はバングラディシュ、エジプトの親子の方々(計6名)が参加されました。日本人スタッフは7名が参加しました。
夏休みも終わりに近づいていることから、小学生のお子さん方は夏休みの宿題に取り組みました💦(^^)また、お子さんをもつ外国人の大人の方への日本語学習支援も行いました。
今回の活動で私は、小学1年生のお子さんからの質問が印象に残りました。
そのお子さんの宿題の中に、「つ」と「っ」の違いを学ぶ課題がありました。
この違いの伝え方が中々難しい、、💦
自分では約20年間何気なく使っているのに、その違いをかみ砕いて、わかりやすく説明するのはここまで難しいんだ、、と実感しました。。
また、書かれている日本語の単語は読めるけど、その単語の意味がわからないということもあり(例えば、こたつやどじょうなど)、実際にみたり、写真や絵で説明することも必要だなあーと感じました。
他のスタッフからは、日本語学習支援の中で、困りごとに特化した日本語のフレーズを教えるのがいいのでは!という意見がありました。
そこで、英語表現と日本語表現が一緒になっていると覚えやすいそうなので、シーン別に作ってみることにしました。
まずは、学校や幼稚園等での先生方とのやり取り、病院でのやりとりに関するフレーズ集を作成する予定です。
毎回の活動を通して、一緒に活動するスタッフや参加してくださる外国の方々から学ぶことが本当に多いです。
これからも自分自身も学びつつ、よりよい日本語支援のあり方を探していきたいと思います。
皆様から頂いたマスクは参加者様にお渡ししております。委ねて頂いた分がなくなるまでは、この教室で配布したいと思っております。
次回は来週土曜日、8/29です。皆様のご参加お待ちしております。
毎週土曜日10:00〜12:00
鴨池福祉館で活動しています!
NEXT 8/29
投稿 山内
本日は夏休みという事で、夏休みの宿題をお手伝いしました。
小学1年生の宿題で大変といえば、作文ですね(^^;💦
説明するのも大変ですが、その子達の思いを文章にしていく過程がとても難しい❗
これからもこんな時にどう教えていくとわかりやすいか、考えていかないとですね!
新しい課題がまた見つかりましたφ(..)💨
何か得策ありましたら、参考にさせていただきたいので、ご意見下さい(^-^)
毎週土曜日10:00〜12:00
鴨池福祉館で活動してます。(^^)
next 8/22
投稿 向江
外国人児童生徒への学習支援 【第5回】
昨日から本格的に夏休みが始まったこともあり、今回は外国籍の方々の参加はありませんでしたが、集まった日本人スタッフ5名で、第3回目の学習支援時に行なった話し合いを踏まえ、今回は寄付していただいた日本の絵本に、ローマ字のルビを振る活動を行ないました。
ローマ字でルビを振ることで、日本に来たばかりでひらがなの発音が分からない外国籍の保護者の方でも、絵本を子供に読み聞かせすることができるということで、今回はこの活動を行ないました。
絵本を寄付してくださった方々に心から感謝しています。今後も絵本の寄付を受け付けておりますので、よろしくお願いします。
日本に住む在留外国人の方々で、日本語で会話ができる方は大勢いらっしゃり、一見何も生活上で問題がないように思うことがあります。しかし、日本語を「聞く」「話す」と「読む」「書く」は全く違います。
日本人は比較的英語の「読む」「聞く」はでき、「話す」「書く」のハードルが高いので、「日本語を聞けて話せるのに、どうして読めないのだろう?」と、私も日本語支援に携わるようになる3年前まで不思議に思っていました。しかし、英語と日本語の大きな違いで、日本語を学ばれている外国人の方々が口をそろえて言われるのが「漢字の難しさ」です。
外国にある程度の期間住み、ネイティブの方々と定期的に会話をしたりする機会がある方は、日常会話は少しずつできるようになり、また日本語でいうと、最初に学習するひらがなやカタカナがわかれば話すことができます。
しかし、「読む」「書く」となると、一般的にほとんどの文書で漢字が使われているので、「市役所や学校からの文書の内容を理解することができず、そのままにしている。」というお話をよくお聞きします。3年前から携わっている響の日本語支援に、それらの文書を持ってこられる方々も多くいらっしゃいました。
また、前回の学習支援に来られていた在留外国人の保護者の方が、「日本人の子供たちは学校で日本語に触れることができ、また家庭でも親から宿題を教えてもらったり、絵本を読んでもらったりすることができます。しかし、私も妻も家庭にいる時は母国語で話すことになるので、子供は日本語に触れる機会が、日本人の子供たちと比べると少ないので、その点で日本語力に差が出てくることを少し心配しています。」と話されていました。
外国籍の保護者の方々が少しでもご家庭で日本語での読み聞かせができるように、今後は絵本にローマ字のルビを振るとともに、漢字が使われた絵本にもふりがなをつけたりする活動も取り組んでいきたいと、ルビを打ちながら思った学習支援でした。
次の教室は、8月15日土曜日の10:00〜12:00までです。

皆様のご参加、お待ちしております。
報告:井手昭博
こんにちは!
今回もコロナウイルス感染防止に気を付けながら、無事に実施することが出来ました。今回はバングラデシュ、エジプトの親子の方々(計4名)が参加されました。
今回は、いつもの日本語の宿題支援、音読支援などに加えて、お子さんを持つ外国人の大人の方への日本語学習支援も行いました。大人の方でも、理解が早く初めて参加する日本語支援をするスタッフも上手く対応できていたように思います。日本語を学ぼうと皆さんとても意欲的で、教えてる私たちもすごく楽しい時間です!
また、私はほぼ、英会話が出来ない1人ですが、(日本語を日本語とジェスチャーで頑張って教えてる状態です。)周りのスタッフがフォローしてくださるので、安心して教えております(^^)
皆様から頂いたマスクは参加者様にお渡ししています。委ねて頂いた分がなくなるまでは、この教室で配布したいと思っています。
次の教室は一階入り口すぐの洋室で行います!土曜日の10:00〜12:00までです。皆様のご参加、お待ちしております。(^^)
報告:向江かほり
コロナウイルスの懸念もあり、前回から少し時間が空いてしまった今回の教室でしたが、感染防止に気を付けながら、無事に実施することが出来ました。ベトナム、バングラデシュ、エジプトの親子の方々(計6名)が参加されました。
今回は、いつもの日本語の宿題支援、音読支援などに加えて、お子さんを持つ外国人の大人の方への日本語学習支援も行いました。初めて参加するスタッフや、初めて大人の方への日本語支援をするスタッフも上手く対応できていたように思います。参加者とスタッフが、回を重ねる毎にお互いに慣れてきて、段々と『お互いに学び合える場』になってきているのかな、と感じています。
また、ある参加者の方からは、「以前より、子どもが日本語でよく話すようになっていて嬉しい」というお言葉も頂き、支援している側として、約に立てていることが実感できてとても嬉しかったです!
しかし、この教室もまだ始まって3回目という事で、発見もたくさんあります。参加者の方から、日本語が分からないので子どもに読み聞かせをしてあげたくてもできない、という相談を頂き、そのような問題があることを認識できました。
これについてはスタッフ同士でも話し合い、読み聞かせを録音することや、日本語の本にローマ字でルビを振ることで対応できるのでは、という意見が出ました。今後の支援で活用していこうと思っています。
皆様から頂いたマスクは参加者様にお渡ししています。委ねて頂いた分がなくなるまでは、この教室で配布したいと思っています。
次の教室も、土曜日の10:00〜12:00までです。皆様のご参加、お待ちしております。
報告:森 康平
外国人児童生徒への学習支援 【第2回】
[第2回 外国人児童生徒への学習支援]
朝から雨模様でしたが、2回目の学習支援を実施しました!
今日は、前回も参加してくれたベトナム出身の親子とバングラデシュ出身の方、合計3名が参加。
スタッフ3名で支援しました。
児童生徒への学習支援では、働く車の本を日本語で読み聞かせたり、鴨池福祉館1階にある児童ルームで一緒に遊び、元気いっぱい走りまわっていました。
また、医療機関へ提出する日本語で書かれた書類の作成を手伝ったり、国民年金保険料のお知らせが届いたがどうしたらいいかわからないという相談があり、その場で一緒にサポートセンターに電話して、後日英語の話せるスタッフから電話してもらえることになりました。
国民年金保険料のお知らせに関しては、自分で調べて解決しようとせず、すぐにサポートセンターへ電話することで、英語対応してもらえることがわかり、スムーズにサポート出来たと感じました。
自力解決も素晴らしい事ですが、プロに頼る選択肢もあるってことに気づけました!
響の活動を通じて、わたしもたくさん学ばせて貰えていることがとても嬉しいです😊
[Vol.2 Learning support for foreign students]
Unfortunately it was rainy day but we had a second event of learning support!
3 foreigners participated (1 kindergarten and his father, 1 English teacher) and the participant country was Bangladesh Vietnam. They came to this event last Saturday too.
We read a Japanese child book and play with the toy.
Someone ask us about to make a document for submit to the clinic, so we supported that person to make the document.(translation from Japanese to English)
And someone ask us about how to deal with the paper (about National pension insurance premium), we called to the information center(it was written by the paper) with the person, the information center told us some person who can speak English will call back the other day.
If you come to our event, not only learning support but also we can support several things to you.
like above;)
And one volunteer gave us some child book!
We can read this to your kids by Japanese it will be help your kids to learn Japanese I think:)
The Kamoike-fukushikan has a play room for children. No reservation, No fee.
It is really useful place so I recommend you to go to there!
Please feel free to come and join our event.
We are waiting to meet you.

reading a child book(about a car)

translation the document
from Japanese to English
(submit to the clinic)
to call the information center
support to ask something
The masks given by the citizens were given to the participants. I'm hoping to distribute it in this classroom until I'm running out.
The next classroom will be have next Saturday from 10:00 to 12:00 at “Kamoike-fukushikan” we look forward to your participation.
外国人児童生徒への学習支援 【第1回】
スタッフ含め計10名で初回の学習支援教室を迎えました。外国人4名参加(小学生1名、幼稚園1名、保護者2名)で参加者国はバングラデシュ・ベトナムでした。
日本語がわからないから・・・と英語で話をされる保護者のかたには英語通訳者が対応し少しでも安心できるようにサポートしました。小学生の女の子に「おおきなかぶ」を音読発表してもらいましたがとても上手に読めていました。近くで聴いていた幼稚園児もそのときばかりは静かに物語に耳を傾けていました。絵本を準備しておけばよかったなぁ・・・と思いました。
<学習内容>
国語
算数
<支援>
音読の支援のため動画撮影
市民の皆様から頂いたマスクは参加者様にお渡しいたしました。委ねていただいた分がなくなるまでは、この教室で配布したいと思っています。
次の教室は、次の土曜日の10:00から12:00までです。ご参加をお待ちしております
報告者:牟田京子
[Vol.1 Learning support for foreign students]
A total of 10 people including the staff welcomed the first learning support classroom. 4 foreigners participated (1 elementary school student, 1 kindergarten, 2 parents) and the participant country was Bangladesh Vietnam.
I asked an elementary school girl to make a reading announcement of "Okinakabu", but I was able to read it very well.

National language
Arithmetic

Video recording to support reading aloud
The masks given by the citizens were given to the participants. I'm hoping to distribute it in this classroom until I'm running out.
The next classroom will be next Saturday from 10:00 to 12:00. We look forward to your participation